すべての商品



1.アルコールチェックとは?


アルコールチェックは、飲酒運転による被害撲滅のため法律で事業者に義務付けられています
事業所で使用する車を運転する従業員を対象に、目視による点呼やアルコール検知器によって、運転者の酒気帯びの有無を確認しなければなりません。




2.緑ナンバーと白ナンバーの違い


緑ナンバーは、他社から依頼を受け荷物を輸送する場合や、人を乗せて送迎する場合など、有償で荷物・ヒトを運ぶ車両に装着義務があります。
白ナンバーは、自家用車を使用して他社ではなく自社製品のみを運搬する場合の車両で、公道を走行する一般車両に装着義務があります。


3.2023年12月1日より、白ナンバー車の「検知器を用いたアルコールチェック」が義務化


緑ナンバー・白ナンバーアルコール検知義務化の経緯



2022年3月までは、「緑ナンバー」車を所有する事業所でアルコール検知器チェックが義務付けられていましたが、2022年4月から順次施行される道路交通法改正により、 「白ナンバー」を5台以上あるいは乗車定員が11人以上の白ナンバー車1台以上を所有する事業所に対しても、順次義務化の対象となりました。
※各事業所あたりの台数  ※自動二輪車は1台を0.5台として計算


2022年4月1日より、
・運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無の確認をすること
・酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること(道路交通法施行規則第9条の10)
が義務付けられました。


2023年12月1日より、
・運転者の酒気帯びの有無の確認を、国家公安委員会が定めるアルコール検知器を用いておこなうこと
・アルコール検知器を常時有効に保持すること(道路交通法施行規則第9条の10)
が義務付けられました。



アルコール検知器使用の義務化について(国土交通省HP)



白ナンバー義務化について


4.アルコールチェック義務を怠った場合の罰則


アルコールチェックを怠ると、安全運転管理者の業務違反となります。
直接的な罰則については現在はありませんが、公安委員会により安全運転管理者の解任、命令違反に対しての罰則が科せられる可能性があります。
解任されれば社用車の利用が認められず、安全運転管理者を新たに選任する時間を有します。




5.ストロー式のアルコール検知器がオススメです。



白ナンバー義務化について

バス・タクシー・運送会社のアルコールチェック時には従来、検知器に息を吹き込むときにマウスピースを口にくわえて使用します。

そのマウスピースは洗って使い回しますが、ストローを使うと洗わずに「使い捨て」ができますのでコストが安く、より衛生的に使用できます。
また、コロナ感染予防対策として他のストローとの接触を避けるためにフィルム個包装品の需要が高まっています。


国土交通省も「感染症についてはストローを使用者ごとに取り替える等により、感染する可能性は極めて低いと考えられる」とのコメントを出しています。(令和2年4月24日連絡文書)




6.アルコール検知器協議会について


アルコール検知器協議会」とは、 アルコール検知器の品質向上と普及活動を行っている団体です。さらに飲酒運転防止の正しい知識を啓発するため、インストラクター資格を持った専門員の派遣や、イベントなどによるでアルコール検知器の出展展示などを行っています。


また、アルコール検知器協議会は、本会が定めた要件を満たした検知器を認定とする「アルコール検知器検定制度」を策定し、その検定合格品および合格メーカーをウェブサイトに一般公開しています。



認定アルコール検知器一覧







全11件